HOME>アーカイブ>競売よりも相場に近い価格で住宅を売却できる

競売になる前に

住宅模型

家は高額な買い物ということもあり、一括での購入は難しいものがあります。そこで、多くの人は住宅ローンを組み無理のない範囲で支払いを続けていきます。返済が順調であれば問題はありませんが、住宅ローンは30年以上など長期に組むことも多くなっています。その間には収入が減少するなど、返済に影響が出る出来事が起こる可能性もあります。ローンの返済が滞ってしまうとマイホームは競売にかけられることもありますが、その場合は相場よりかなり安い価格となりますし、強制執行もあります。さらに家を手放しても残債は多く残るのでデメリットも少なくありません。よりデメリットを抑えるためにも競売になる前に対策を考えておきましょう。よりリスクの少ない方法を選ぶなら任意売却も検討したいところです。

交渉の余地がある

太陽光発電の家

住宅ローンが払えなくなり競売になる場合は、強制的に手続きが進められていきますが、任意売却の場合は交渉の余地があります。競売の場合は買い手がつくとすぐにでも家を出なくてはならないこともありますし、手元にお金を残すことはできません。任意売却の場合は、引越しの時期を交渉することもできますし、場合によっては引越し費用を出してもらえることもあります。さらに、市場価格に近い金額で売却できますので、残債もより少なくできるのもメリットです。通常の不動産売買のように進めていけますので、周囲にも気づかれにくいというメリットもあります。

残債はどのように支払うのか

住宅模型

任意売却で住宅を手放した場合も、住宅ローンは残っていますので、その返済方法についても考えておく必要があります。残債の支払いについては、一括もしくは分割での支払いとなります。任意売却をすれば、住宅ローンの返済は終わると考えている人もあるかもしれませんが、家を手放しても返済が続くことは理解しておきましょう。任意売却をしても、まだ返済が厳しいという場合もありますが、債権者と交渉することで毎月の返済額を抑えることもできます。交渉が難しいと感じた場合は、専門家に任意売却の手続きを依頼することも考えてみましょう。

広告募集中